ほしぞら

福永眞由美 公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こころの散歩道(ふるさとの花)

 





ふるさとの花(1)




わがふるさと
大東農場に住む
高橋奈緒子さんが

ご夫君とご一緒に
ふるさとに咲く花を抱へて
大東会館に
来てくださったの


熱を出してダウンして
父の三十八年祭にも出られなかった私。





ふるさとの花(3)



思へば 三月の歌道講座が終ってから
あまりの忙しさに
ブログの更新も出来ずにをりました。


元気を出して
久しぶりに パソコンに向かってをります。


菜緒子さん
有り難う。







         ふるさとの花(7)



            第百九回歌道講座秀歌



(天)
明日は越すひそけき部屋に花生けて亡き妻偲ぶと言ひし君はも
                               高橋義周


(天)
五十年を吾が父として生きたまふ義父よ狭庭にやぶつばき咲く
                               久留島理美


(地)
一条の光湖面に輝きて舫(もや)ふ小船の夕べ寂しき
                               石瀬俊明


(人)
朝霜の降りし枯野に白梅の花細き枝にひそと咲きたり
                               佐藤 翔


(人)
旅行記を読むはたのしもいつの日か我も書きたし遠く旅して
                              平山晴太郎



            



        
        ふるさとの花(9)




           第百十回歌道講座秀歌


(天)
有田焼陶器市ゆく二人旅母の笑顔は忘れえぬかも
                             宮川貢士朗


(天)
学び舎の神殿にひとり祝詞詠めば社に明かり灯る夕暮れ
                             山本和秀


(地)
空に向き涙こらへし母君の女(をみな)ひとりで育てし思ふ
                             久留島理美


(地)
荼毘の火をくぐりぬけたる杯の藍ふかき色を愛(かな)しみ想ふ
                             諏訪純一


(人)
春嵐花びらコートの肩に舞ふ寒さにとまどふ花冷えの今日
                             本間武子


(人)
これ男子一生の悲願と御霊らに誓ひて三十年やうやう果すも   
                             岩立実勇








エッセイ |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。