ほしぞら

福永眞由美 公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こころの散歩道( 十四烈士自刃現場碑参拝 )








白い彼岸花





大東塾十四烈士七十一年祭当日、自刃現場碑参拝に
静岡県伊豆の道友 山田俊雄氏が
はるばると ご参列下さいました。


山田氏は 十四烈士中最年少であられた
野村辰嗣烈士 (享年十八歳) と同郷同年であられ
十四烈士の皆様とも親しくしていただいたとのことです。


今年の自刃現場碑参拝には
新しく道につながられた 若い方たちも多く参列
一人一人をご紹介させていただいたのでしたが、

山田氏は
「こんなに沢山の若い人たちが
居て下さるのですか。 
有難い!」
と 涙を浮かべてをられました。


自刃之處から 原宿の駅までお送りさせていただき
代々木公園を歩きながら 歌のお話になり、
本年の 靖國神社献詠歌に
入選されたことを知りました。


後日お手紙と共に お願ひしてゐた入選歌を
お知らせいただきました。


静岡県相良町の 野村辰嗣烈士墓前にて
毎年 慰霊祭を続けて来られ、
九十一歳になられた道友 山田俊男氏のお歌を
御紹介させていただきます。



           
          
           靖國神社献詠歌

             兼題 「雲」
  
   

    夕日影ほのか残れる雲間よりかすかにひびく春の雷









          
          
         富士5




           
           第百六回歌道講座秀歌



(天)
生ひ立ちて富士あふぎたくなりし時思ひおこせよけふのこの日を
                                岩立 実勇



(地)
國のため命捧げし人ら眠る青き海越え沖縄へ向かふ
                                佐藤  翔



(人)
境内に家路への曲こだますれどなほ楽しげに子らは遊べり
                                清水  一



(人)
しんしんと降る雨のごとかなしみの胸に沁み入る吟のみこゑは
                                高橋奈緒子
  


(人)
戦友会語り継ぎたきわが思ひ紡ぐ記憶は吾子へと続く
                                中田 英美



(人)
祈りこめひそかに指をたちたまふ若き日のきみつつしみて聴く
                                島岡 昇平



    



          

 
エッセイ |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。