ほしぞら

福永眞由美 公式ブログ

こころの散歩道(魂ひかる)





大東会館歌道講座に今年の一月から入門
一年間を学んで来られた若き友から
おたよりに添へて 歌をお贈りいただきました


光 キャンドル1
  
そのおたよりも その歌も わが魂に
ふかく ふかく 沁み入りました



光 キャンドル2



忙しい仕事を やりくりして
ひたすらの思ひで 通って来られ
真剣に学ぶ 若い人たちの姿は
疲れた私のこころを いつも
幸せに みづみづしくして下さいます



光 キャンドル3

   

( 戴いたおたよりの最後の部分をご本人の御了解をいただいて )
    
  この一年、僅か未だ一年ですが、先生が常に言ってをられた「素直な心で詠みなさい」
  といふ御言葉の意味をずっと考へて参りました。
  始めは歌を習ふからにはいつか即吟が出来る程にはなりたいといふ考へを持ってをり、
  其れには何処かにさらりと詠めるやうになりたいといふ気持ちが有ったのだと思ひ
  ます。
  しかし先生は教へて下さいました。「簡単に詠んではいけません」「この一首が最後
  の一首かも知れぬと思ひなさい」と。
  そして何より、今年最後の歌道講座で「影山塾長に於かれても、何度も何度も詠み返し
  半年も一年もかけて詠んだ歌が有るのです」といふお話を伺ひ、自分の浅はかさを恥じ
  ると同時に目の覚めるやうな気がしました。
  歌を通じて己の中を深く深く覗き込み、そこから見える「私」を乗り越えてゆく事こそ
  歌を詠む本質であり、其れこそが 素直な心で詠む歌なのだと教へて戴いたのだと思ひ
  ました。
  歌の学びは生き方の学びそのものでありました。
  未熟ゆゑこれからも先生の御指導を仰がねばなりません。先生の御元気な御姿は、吾等
  門下生の喜びであります。来年一年もまた厳しく御指導下さい。
  最後になりますが、この一年で教へて戴いた全てを一首に込め、感謝の言葉と代へさせ
  て戴きます。

     
       師の放つたましひ吾を導きて果て無き道を照らし給へり
      

     平成二十五年十二月  富士輝く快晴の朝            高橋 義周






光 ベル



      
               唱        
師の放つたましひ吾を導きて果て無き道を照らしたまへり
                                            義周



               和
魂ひかるきみらと歩む道の果てちちのみの父は待つと思ふに
                                            眞由美










エッセイ |
| HOME |