ほしぞら

福永眞由美 公式ブログ

こころの散歩道(今年最後の満月)





青山通りの夜(4)

師走の街を




青山通りの夜(1)

ひとりの 帰り路




青山通りの夜(5)

今年も 沢山の
大切な道の友を 亡くし
お送りした 一年でした。




師走の満月

今年最後の 満月が
とても  きれい


亡き友の願ひを 
胸に ふかく ふかく
刻んで




帰り路(8)


祈りをこめて

新しい年を
迎へたく思ひます。






         

         毛野の国より




            第百七回歌道講座秀歌



(天)
ふるさとの母が作りし冬瓜煮恋ひつつ煮たりきみとの夕げ
                           高橋 奈緒子


(地)
雄叫びの祈りに応へ生きしかと吾が胸に問ひ青き空仰ぐ
                           久留島 理美


(地)
悠然と相手制する益良雄の雄々しき姿に息を呑みたり
                           佐藤  翔


(地)
病押しお社向かふ君の背に癒されたまへとそっと祈るも
                           中田 英美


(地)
不二歌壇きみは見せしようれしげに光子のきみの母詠む歌を
                           山本 和秀








エッセイ |
| HOME |