ほしぞら

福永眞由美 公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こころの散歩道( 日台文化交流青少年スカラシップ )






那須の里より




第13回日台文化交流青少年スカラシップ
短歌部門 審査員の任を
無事に終へることが出来ました。

真心を 素直に詠んだ
みづみづしい歌が
多く寄せられ

心うれしく
とても しあはせな思ひで
選をさせていただきました。


3月22日の 表彰式で
受賞された 皆様に
お会ひすることを
楽しみにしてをります。








九重の山より



      

      フジサンケイビジネスアイ・産経新聞社
    主催による「日台文化交流青少年スカラ
    シップ」短歌部門の審査員を 台湾歌壇・
    蔡焜燦先生の御推挙によりご依頼を受け
    三宅章文さんとふたり その任に当りて



台湾に日本精神(リップンチェンシン)気高くも秘めて歌詠む友ら思ふも


日本を心の祖国と生きたまふ蔡先生胸に選をしゆくも


わが父の祈りもふかく胸にありしづかにひとり子らの歌読む


戒厳令敷かれし国へ海越えてゆきし教子を思ひ泣きたり


日台の架け橋ならむとフォルモサに生きゆくきみに応へむと思
ふ                ( 以上二首 三宅教子さんへ )

みづみづし思ひを歌に託したる子らの言霊胸に沁み入る


ほのぼのと明けゆく朝の日の光わが窓に差す選終へしとき

         





      

       風の乙女から(3)


          

           第百二回歌道講座秀歌


(天)
反抗期長かりし吾子よ今日はしも参賀出でゆく妻となる人と
                             久留島理美    


(天)
亡き母の漬けしらっきょう瓶にあり住む人もなき故郷の家に
                             山本 和秀


(人)
社辺(やしろべ)の主(あるじ)無き宿ひそとしてたたずみをれば
ひよどりの鳴く                    高橋 義周  
    














スポンサーサイト
エッセイ |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。