ほしぞら

福永眞由美 公式ブログ

こころの散歩道( 大東会館歌道講座 )






歌道講座受講生の
高橋義周さんが

「不二」四月号
「不二歌壇」に

「大東会館歌道講座」の詞書の
連作を 投稿してくださいました。

歌道講座に学んで
二年になられた作者。

いつも 一途に
真剣に学んでをられる
お姿と重ねて

この様な お歌を
詠まれたことを

心から
嬉しく 幸せに 
思ひます。







歌道講座 1




     

      
             「 大東会館歌道講座 」   
                           高橋義周


 
 神前に生徒一同額づきてふた月一度の講座に臨む

 歌学び二年過ぎて益益に楽しかりけり嬉しかりけり

 弱き心歌に見出し師はおほす眞向かひそして乗越えゆけと

 わが友は「天」に選され誇らしく塾生信条高く掲げぬ

 導きのままに詠みたし魂きはる命深きゆ湧き出づる歌

 飾る無き歌こそ光るやまとうた吾が内深く深く留めむ

 ひた道に励みやがては若きらのしるべとなれと講ぜらる師よ


                      
                      ( 「不二」四月号 「不二歌壇」より )






           

          歌道講座 連作



           
          
             第九十八回歌道講座秀歌



(天)
境内を埋める花びらなげあそぶ子らの上にはさみどり光る
                             沼山 光洋


(地)
歌鉾(うたほこ)の心学べるもののふのひたぶる心誰か知るらむ
                             宮川 貢士郎


(人)
紫陽花の色深まりし梅雨の日を百歳またず伯母逝きたまふ
                             本間 武子









エッセイ |
| HOME |