ほしぞら

福永眞由美 公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こころの散歩道(吉備の友)

           







津山へ




今年の紀元節は
岡山県支部 竹内佑宜さんよりの
ご依頼を受け
津山にて行はれた
「建国記念の日を祝ふ会」に
お招きをいただきました。


津山は
大東塾十四烈士のお一人であられる
芦田林弘烈士のふるさとでありますことから

十四烈士のこと
父の「千里行脚」のことを中心に
お話をさせていただきました。
     


 
作良神社




前日は
小坂博通さんにご案内いただき

芦田林弘烈士顕彰会々長であられる 
福田景門先生が宮司をされる
作良神社を





 芦田林弘烈士の御墓



そして
津山高野の
芦田烈士の御墓を参拝。

              

その晩は
津山の道の友と
魂通ひ合はせ

楽しさに
時を忘れて 語り合ひました。
           





都羅山の椿




当日は
思ひがけず駆けつけて下さった
松下桃子さんと
急遽 予定を変更して
岡山へ。

桃子さんは
台湾歌壇で活躍されてゐる
三宅教子さんの妹君。

お二人の父君 故・三宅萬造氏は
十四烈士のご分骨を託された
お一人であられ

ふるさとの岡山県倉敷の 
都羅山上に
全国に先がけて
十四烈士の碑を建立。
守護にあたって下さいました。         


現在は
桃子さんのご子息 松下眞啓さんが中心となって
守護継承してをられます。





碑への道



翌日は 
桃子さんのご息女
真理子さん 裕美子さんと共に
都羅山上の 十四烈士碑を参拝。 


蒼穹道場にて 四人で
しみじみと しみじみと
語り合ひました。

 


父の歌碑



心配してゐた 都羅のお山は
きれいに 掃除がゆき届いてゐて

胸あつくなりました。






都羅山の水仙




思へば  父に連れられて
はじめて
この都羅山を 訪れたのは

十九歳の 夏の日のこと。


そして あの日
はじめて

教子さん 桃子さんに
お会ひしたのでした。





都羅山の山茶花


  

 

 わが父と都羅の山路をゆきし日よはるばる遠き十九歳の夏

 木もれ日のなかひそやかに立ちてゐきひたむきの目の教子・
 桃子は

 美しき乙女ふたりと思ひたり蝉しぐれただふりしきるなか

 過ぎし日はなべて愛しも紅椿咲く都羅の山きみと歩めば








夕映えの雲海










スポンサーサイト
エッセイ |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。