FC2ブログ

ほしぞら

福永眞由美 公式ブログ

秀歌

  


          ゆく夏



             第百十七回歌道講座秀歌  



(天)
魂こめて
同志(とも)らと詠ふ吟声は大東の吟益荒雄の吟
                          玉掘 敏彦            





(地)
雨上がり蝉鳴き初めしと吾子は告ぐ乃木の社に夏は来にけり
                          片山壮二郎





(人)
「つきよの森」夢路に通ふか目覚めして「おぢさんあそぼ」と恵の寄り来る
                           石瀬 俊明




(人)
吾が詠みし歌に思ひを込めくるる
道友(とも)の朗詠塾舎にひびく
                           中田 英美





(人)
産褥
(さんじょく)の辛きに耐へて添へ乳する母なる妻の姿尊し
                           清水  一









未分類 |
| HOME |