FC2ブログ

ほしぞら

福永眞由美 公式ブログ

秀歌

            
            

            ふきのとう



              第百二十一回歌道講座秀歌




(天)
出撃のかたき握手は忘れじと戦友
(とも)を思ひて生きゆくきみは
                               中田 英美




(地)
北の地の波止場つめたき風吹けどいきいき歩む八十歳
(やそぢ)の母は
                               玉堀 敏彦




(人)
帰られぬままに被災地の少年は青年となりふるさとを恋ふ 
                               高橋 義周    




(人)
競泳の若鮎きみの病
(やまひ)癒えよ今は淵にてただ休まほし
                              片山 壮二郎                    









歌道講座 |

秀歌






心の花束


新しい年をむかへ
お誕生日に戴いた沢山の花々も
生け換へているうちに
少なくなって・・・

九重の高原からの
馬酔木の花も
小さな小枝が一つ
残りました。






残りの花たち


最後の一輪になるまで
小さな花瓶に生け換えては
飾ってあげてゐた
母の優しさを

しみじみと
思ひだします。






             
             馬酔木の花



              第百二十回歌道講座秀歌






(天)
車窓より拳
(こぶし)突きあぐる姿見ゆ手負ひし我を見送
りし父                      片山 壮二郎





(地)
(いたつき)の辛きは言はず帽子をばまぶかに姉は
やさしく笑まふ                  高橋 義周






(人)
大晦日妻子を置きてわが店に外つ国人と年越すわれは
                           折本 龍則










歌道講座 |

皇居勤労奉仕最後の参加に



今年は 沢山の
思ひ出の残る年で
ありましたが

特に 私にとりまして

皇居勤労奉仕「みやこ奉仕団」に
何年も参加させて頂き
今年が最後のご奉仕の年でありましたことが
ふかく ふかく 
いのちの底に刻まれた
思ひ出となりました。





      

      青空
  

        

       皇居勤労奉仕最後の参加に 



最後なるわが御奉仕と桔梗門向かひつつあふぐ空の青さを


小さなる父が形見の水晶のブローチ御奉仕の胸に付けたり


団長と旗手のふたりの若き背に従ひゆけば秋日まぶしき


風わたる御苑を友と掃きゆけばしみじみ思ふ父が祈りを



石蕗(つはぶき)の黄の花咲けり木もれ日の射してしづかに揺るる林に


尊皇の島より来しと胸張りて沖永良部のをみならは笑む



母となりし愛
(かな)しききみと草ひけばいくつ過ぎにし御奉仕思ふ


咫尺の間吾子奉答すゆく御代に万感の思ひふかくこめつつ


お風邪をばめされしみ身に国母陛下しづかに吾子にお声たまひぬ


お母様はお元気ですかの細きそのみ声にわれはいのち泣きたり


                             
                                    
                                           眞由美      










          青い玉





           第百十九回歌道講座秀歌



(天)
師の君が祈りを胸にしみじみと旅のをはりに仰ぐ秋空
                          高橋 義周


(地)
国のため死にたる大人をしのびつつ我は自問す己が誠を
                          折本 龍則



(人)
子ら笑むを思ひてひたすら夜明け前故郷
(ふるさと)よりの栗の皮剥く
                          片山 壮二郎

         








皇居勤労奉仕最後の参加に…の続きを読む
エッセイ |

萩 松陰神社献詠祭

 


萩(5)



萩 松陰神社に於ける
明治維新百五十年記念献詠祭
兼題「松」に

歌道講座受講生の 高橋義周さんが
佳作入選されました。





萩(7)


例大祭ならびに記念献詠祭に
私も選者の一人として 
ご招待をいただき
ご一緒に
参列させていただきました。





萩(11)


今年は
歌道講座受講生から

靖国神社献詠歌 兼題「恋」に
諏訪純一さんが次点歌

松陰神社献詠歌 兼題「松」に
高橋義周さんが佳作入選歌となられ

嬉しい年となりました。







          青い花


              「 松 」

 うつそみを導きたまへ五大州見そなはします松陰先生

                                    高橋 義周


          



           
         萩の野菊



              「 松 」

朗々と吾子ら吟ずる松陰先生み歌はいのちふかく沁み入る
                               眞由美
      








エッセイ |

秀歌


          
            

            母の花



             第百十八回歌道講座秀歌




(天)
大御歌しらべさやかに満ち満ちて朝のわが家を淨めたまひぬ
                               久留島理美





(地)
電話機の従兄の声に父母のふるさと訛りなつかしく聞く
                               高橋義周





(地)
猛暑過ぎいのちみづみづと朝顔はあさなあさなに青き花咲かす
                               諏訪純一





(地)
里の川煌めく水面に思ひ馳す遠きかの日よ童心の我
                              片山壮二郎









秀歌…の続きを読む
歌道講座 |
| HOME | NEXT